http://www.event-web.net/adobelive2015/max/
「After EffectsとPhotoshopでつくる、『リッチ』なモバイル体験」というタイトルで、1枚の写真をスマホでも見える3D風にする方法や、スマートフォンのリッチ広告の実例について話させていただきます。

以前のバージョンでは設定により直接AEからh.264形式で書き出すことができましたが、AE CC 2014になってからはメディアエンコーダーからでないとできなくなりました。
手順としては下記になります。

1.ファイル → 書き出し → Adobe MediaEncoderキューに追加 を選択。
2.MediaEncoder内でプルダウンからH.264を選択。

今回が3回目になります。
動画を作るというと工数がかかったり、特定の技術が必要だったり、様々なハードルがありますが、それらをうまく工夫し、良い動画を短い時間で作ったりしている方々を呼んでおります。
ぜひ、お越しくださいませ

映像とウェブ2 -ウェブ上の動画を使ったあれこれ-

映像とウェブ2

前回は、主に動画制作者目線の話が多かったのですが、今回は制作者・エンジニア・企画側問わず、映像業界、インターネット業界の人なら誰でも楽しめる幅広いセミナーになればと思います。
内容も、Youtube、アニメーションgifとアプリ、プロジェクションマッピング、Flash、リッチ広告などなど、流行の技術からインターネット初期からある技術まで用意しております。

After Effects CCでmp4の書き出しをするには、Adobe Media Encoderを使用するか、もしくは下記のように環境設定を変える必要があります。
「環境設定」 → 「出力設定」の中の 「出力モジュール設定に非推奨の形式を表示」 にチェック入れることで可能なようです。
tatsuaki_130620