After Effectsに関しては、ae_force_english.txt という空ファイルをマイドキュメント(ライブラリ\ドキュメント)以下に置いて起動することでできます。

【参考】【After Effects】CS5日本語版を 英語で起動させる方法
【参考】アプリケーションの言語を指定してインストールする方法(Creative Cloud)
【参考】Adobe Photoshop を英語起動する方法

2011年あたりから、YouTubeから落とした動画(flv)が、After EffectsやPremiereなどのアドビツールで読み込めなくなりました。
読み込もうとすると、『この「.flv」ファイルは破損しているか、サポートされていません。』と表示されてしまいます。

原因としては、YouTubeから落としたflvのコンテナがFlash Videoで、動画のエンコードがAVC(h.264)でされていることが問題のようです。

wikipediaから確認すると、
『F4Vがサポートする映像コーデックは「H.264/AVC」、音声コーデックは「MP3」「AAC」のみとなっているが、 上記の通りH.264/AVCとAACをフルに活用できるように設計されており、H.264/AVCとAACを扱う場合は、 FLVではなくF4Vの利用が推奨されている。』
と書いてあり、Adobeとしてはflvの際は、on2vp6などを勧めているようです。(CS6では、AfterEffectsや、Media Encoderでも、flvを選択したときはon2、f4vのときはh.264でしか書き出せないようです。)
【参考】Flash Video – Wikipedia

ただ、ブラウザなどのFlash PlayerではFlash Video形式のコンテナで、h.264でエンコードされていても再生は可能となっています。

※映像のコンテナやコーデックなどの確認は、MediaInfoなどで調べることができます

先月行われた「映像とウェブ -WebクリエイターのためのAfter Effects勉強会-」の開催広告記事を書かせていただきました。

「映像とウェブ」セミナー開催レポート

アーカイブ動画も公開しておりますが、撮影にまで手が回らず、画質が荒い状態となってしまいましたが、よろしければご覧いただけたらと思います。

could not find itemframe we just now checked in (After Effects エラー)

After Effects で上記のようなエラーが起き、レンダリングに失敗することが最近多くありました。(環境としては、CS6 win7 64bit SSD)
ちょうどELEMENT 3D を導入した辺りから頻繁に起きるようになったので、プラグインが原因かなと思ったのですが、特に関係無いようです。

調べてみると、どうやらマルチプロセッサーが原因のようで「環境設定」の「メモリ&マルチプロセッサー」から、AfterEffects マルチプロセッサーのチェックを外せば解消したという人もいるようです。(参考:(CS6) Error during render: “Internal Verification failure, sorry!{could not find itemframe we now..

あと、たまたまかもしれませんが自分がいろいろ試してみたところ「メディア&ディスクキャッシュ」から、「ディスクキャッシュを空にする」と「データベースとキャッシュをクリーン」を行ったあとレンダリングすると、エラーなくレンダリングできたこともありました。

有効な解消方法など分かりましたら、追記したいと思います。

映像とWeb -WebクリエイターのためのAfter Effects勉強会-

映像とウェブ

「WebクリエイターのためのAfter Effects勉強会」というサブタイトルが付いていますが、After Effectsの使い方に限らず、動画をうまく活用したウェブサイトの作成方法など、幅広いセミナーになればと思っております。
私も、スマートフォン上での映像を用いた表現方法について、お話したいと思います。
よろしくお願いいたします。