FlashとHTML5と…

作りました。
音楽付きです。長いですが、ごゆっくりとご覧いただけたらと思います。

HTML5のサイト内で、音楽の切り替えをするとき、jQueryのappendToを使って下記のようのしていたのですが、safariなどで音が2重に聞こえてしまったりと、不具合がありました。
------------------------
$('<audio src="./sound/en/html5en_05.mp3" volume="0.1" autoplay></audio>').appendTo('body');
------------------------

HTML5のタグ追加ではなく、Javascriptから直接HTML5のaudio要素を操作するには、下記のようにすることで操作できます。
jsから操作することで、safariなどで2重に聞こえてしまう不具合は解消されました。
------------------------
var html5_audio;
html5_audio = new Audio("./sound/en/html5en_05.mp3");
html5_audio.play(); //再生
html5_audio.pause(); //ストップ
------------------------

ループの設定などは下記のようにします。
------------------------
html5_audio.loop = "true";
------------------------

jsで、定期的に処理を行う方法です。
画像のスライドショー(フォトフレームみたいな)的な見せ方もこれで可能になります。
setTimeoutを使い、ループさせる方法で実現しました。

-------------------------
function changimg(){
/* 定期的に行う処理 */
//ここに処理内容を書きます。

/* 何秒おきに行うか 3000だと3秒おき */
window.setTimeout("changimg()", 3000);
}

setTimeout("changimg()", 3000);
-------------------------

下記のように書くと、2秒たったら test_draw01() という関数を実行する。

setTimeout(“test_draw01();”, 2000);

何かの締め切りなど用に仕込むjs例。
日時指定で、画像などの切り替わり。
簡単ですが、メモ。

<script language="JavaScript">
<!--
endtime = new Date(2008,5,20,23)
today = new Date()
 if((endtime - today) > 0){
 document.write('<a href=\"お好きなURL\">うへへ</a>')
 }else{
 document.write('\終わりました的な文章とか\')
 }
// -->
</script>